ライブフラット不動前/事故

竣 工 2022年1月
最寄駅 不動前駅徒歩9分
総戸数 19戸

住 所 東京都品川区荏原1-9-5
概 要 地上4階 RC造
駐車場 ―
■フリーレント1ヶ月キャンペーン
■さらに賃料1ヶ月分を弊社がキャッシュバック
■フリーレント合計、実質2ヶ月キャンペーン

■物件名フリガナ
ライブフラットフドウマエ
LiveFlat不動前

■近隣周辺施設情報
ユニクロ五反田TOC店まで約700m
まいばすけっと西五反田6丁目店まで約140m
ローソン・スリーエフ荏原1丁目店まで約280m
K-PORT DRUG MART TOC五反田店まで約790m
一般社団法人巨樹の会五反田リハビリテーション病院まで約840m
品川西五反田六郵便局まで約280m
ドトールコーヒーショップ戸越銀座店まで約770m
マクドナルド戸越銀座店まで約730m
ほっともっと戸越駅前店まで約880m
ミスタードーナツ戸越ショップまで約860m
戸越銀座商店街まで約840m
ライフ・大崎百反通店まで約530m

物件名 ライブフラット不動前
所在地 東京都品川区荏原1-9-5
最寄駅 東急目黒線「不動前駅」徒歩9分
物件特徴 REIT系ブランドマンション、デザイナーズ
構造規模 地上4階 RC造
総戸数 19戸 築年月 2022年1月

■駐車場   ―
■バイク置場 ―
■駐輪場   有
―――――――
■設 計   株式会社ナミキ
■施 工   ―
■管理形式  巡回管理
―――――――
■保 険   借家人賠償付き火災保険要加入
■ペット   不可
■楽 器   不可
■保証会社  利用必須
―――――――
■間取り
□1R~2LDK(26.04㎡~48.96㎡)

※駐車場・バイク置場・駐輪場の詳細はお問合せ下さい。
※カード決済希望時はスタッフにお問合せ下さい。

タワーマンションで一人暮らしをするために押さえておきたいポイントをいくつかみていきましょう。
まずは費用の問題ですが、タワーマンションは、セキュリティや共用設備が充実していることから家賃が高く設定されているのが一般的であり、そのため、タワーマンションに住むには一定水準以上の収入を得ている必要があります。
広く知られているように、家賃は手取り月収の30パーセントが理想です。
この基準を超える場合は、食費や交際費、通信費などのバランスをうまく考えることが必要になります。
次に、一人暮らしをする以上、一人で自分の身の周りのことが問題なく行える必要があります。
一人暮らしの場合、ごく当たり前ではありますが、ご飯やお風呂が準備されていることはありません。明日着ていく服がなければ洗濯だってする必要があるでしょう。
もちろん、自炊が面倒であれば外食で済ませたり、アイロンがけが大変であればクリーニングに出したりすることもできますが、いざという時のためにそういったスキルを身に着けておくことは、一人暮らしをする上で重要なポイントと言えます。
さらに、タワーマンションによっては共用スペースで他の住人と顔を合わせることも多いため、ちょっとしたコミュニケーションの場も発生します。
同じ階に住む住人や、毎朝エレベーターで一緒になる住人とは最低限挨拶を交わす程度の関係を築いておきたいところです。
また、自治会や交流イベントが行われるタワーマンションもあり、そういった機会で人脈を築くのもタワーマンションならではかもしれません。
さらに、地震や火事など災害が発生した時には隣近所で助け合わなければなりません。
住人同士気持ちよく暮らすためにも、顔を合わせたら積極的に挨拶を交わし、近所づきあいもおろそかにしないよう心掛けておきましょう。

タワーマンションの多くは分譲住宅として販売されていますが、分譲賃貸として貸し出されている場合もあります。
家賃は1Kから1LDKの間取りの場合、20万円から50万円くらいが相場です。
角部屋や日当たりの良さ、階数によって価格が変わるのが特徴で、低層階よりも高層階が、北西よりも南東向きの部屋の方が高くなる傾向があります。
タワーマンションの場合、周りに遮るものが何もない高層階から望むパノラマビューが何といっても魅力でしょう。
この素敵な景色を独り占めしたいならば、高層階のお部屋がおすすめです。
タワーマンションは購入を前提として造られている分譲マンションが多いため、1Kや1LDKのシングル向けの間取りでも、キッチンやバスルームなどの水回りが広く確保されている場合が多く見られます。
その分、一般的なシングル向けの賃貸マンションと比較すると、必然的に専有部分自体の面積が広くなる傾向にあります。
それに加えて、シングル抜けの間取りであっても、食器洗浄乾燥機や床暖房、ディスポーザーなど、ファミリー向けの間取りと同等の設備が備え付けられてることが多いです。
そういった様々な観点から、タワーマンションは一般的な賃貸マンションよりも家賃相場が高い傾向にあります。

まず、タワーマンションはオートロックや防犯カメラ、テレビ付きインターホンなどセキュリティがしっかりしているので、女性の一人暮らしでも安心して暮らすことができます。
マンションによっては24時間セキュリティシステムを採用しているところや、3重、4重のセキュリティラインが設定されているところもあります。
また、タワーマンションはセキュリティ以外の共用設備も豊富です。
たとえば、エントランスに設置されている宅配ボックスのおかげで、日中留守にしていても宅配便を受け取ることができます。
再配達の手間が省けるので一人暮らしには欠かせない設備と言っても過言ではありません。
アウトドアグッズや車の部品など大きな荷物がある方にはトランクルームの利用が便利です。
さらに、24時間利用可能な各階ゴミステーションのおかげで常にお部屋を綺麗な状態に保つことができます。
他にも、ホテルライクなコンシェルジュサービスや客人をおもてなしするゲストルーム、入居者限定のフィットネスジムといった設備のあるタワーマンションもあります。
1階部分にスーパーやコンビニなどの商業施設が入ったタワーマンションであれば、いつでもお買い物に行くことができて大変便利です。
さらに、お部屋の方も、ディスポーザーや床暖房、ビルトイン食器洗浄乾燥機など最新設備が導入されていることもあります。
もちろん高層階であれば、毎日きれいな景色を眺めることも可能です。
おまけに、タワーマンションでは、エレベーターや消火設備などの定期メンテナンスも充実しているので、安心して暮らすことができます。

快適な設備が整い、一人でも暮らしやすいタワーマンションですが、いくつか注意点があるのでご紹介します。
高層階の場合、朝の出勤時間帯などはエレベーターが混雑して、なかなか下に降りられないことがあるので注意が必要です。
タワーマンションの多くは、低層階用エレベーターと高層階用エレベーターに分かれているため、ある程度混雑を緩和するようできていますが、それでも通勤時間帯には多くの方が利用するので、数分待たないと上階までエレベーターがやってきません。
時間に余裕をもって部屋を出るか、混雑の時間を避けてエレベーターを利用することをおすすめします。

管理費が高いというのも特徴の一つでしょう。先に述べたようにタワーマンションでは便利な設備が利用できるので、セキュリティや共用設備等のサービス料がかかります。
コンシェルジュや清掃、警備などの人件費がかかる分、管理費が高くなってしまう場合もあります。

タワーマンションに住めば、高層階から素敵な眺めを楽しむことや、安心のセキュリティ設備に守られ、快適な暮らしを送ることが可能です。
高級感とラグジュアリーな雰囲気を味わえるのもタワーマンションの魅力でしょう。
このようなメリットや注意点を踏まえて、理想の一人暮らしを満喫できるようなお気に入りのタワーマンションを見つけてください。

グランカーサ曳舟/事故

竣 工 2021年5月
最寄駅 小村井駅徒歩8分
総戸数 92戸

住 所 東京都墨田区八広2-47-2
概 要 地上9階 RC造
駐車場 有(機械式)月額33,000円
■物件名フリガナ
グランカーサヒキフネ

■近隣周辺施設情報
セブンイレブン墨田八広はなみずき通り店まで約140m
ローソンストア100 LS墨田区八広店まで約180m
まいばすけっと墨田八広2丁目店まで約180m
ビッグ・エー 墨田京島店まで約200m
東京曳舟病院まで約930m
浅草病院まで約1910m
菊地クリーニング店まで約430m
舟原公園まで約90m
原公園まで約320m
キッズガーデン墨田八広まで約140m
墨田区立第四吾嬬小学校まで約160m
墨田区立第三吾嬬小学校まで約310m
墨田区立吾嬬立花中学校まで約540m
墨田区立文花中学校まで約600m

物件名 グランカーサ曳舟
所在地 東京都墨田区八広2-47-2
最寄駅 東武亀戸線「小村井駅」徒歩8分
物件特徴 REIT系ブランドマンション、デザイナーズ、ペット可
構造規模 地上9階 RC造
総戸数 92戸 築年月 2021年5月

■駐車場   有(機械式)月額33,000円
■バイク置場 有/月額3,300~4,400円
■駐輪場   有/月額330円
―――――――
■設 計   ―
■施 工   ―
■管理形式  巡回管理
―――――――
■保 険   借家人賠償付き火災保険要加入
■ペット   相談(敷1積増)
■楽 器   不可
■保証会社  利用必須
―――――――
■間取り
□1DK~2LDK(25.13㎡~53.71㎡)
―――――――
■共用施設
□1階    ラウンジ

※駐車場・バイク置場・駐輪場の詳細はお問合せ下さい。
※カード決済希望時はスタッフにお問合せ下さい。

東京の平野部の第四紀地質図の総称として、東京地盤図という言葉が使われることもあります。
実のところ、東京地盤図に明確な定義はなく、地質調査データをまとめただけのマップも、地盤図と呼ばれるケースが少なくありません。
東京地盤図では、東京都建設局が提供する東京の地盤(GIS版)などが有名ですが、民間の企業でも東京の地盤についての情報を提供しています。
ちなみに、東京都建設局の東京地盤図は、地盤調査で得た地質柱状図をまとめたものです。
地盤がどのような地層で構成されているかを柱状に表したのが、地質柱状図。
東京都が提供している柱状図の場合は、粘土質シルトや砂質シルトといった地質が堆積された順に色分けして表示されます。
東京都の東京の地盤(GIS版)は、知りたい場所をマップから選んで地質柱状図が見られる仕組みになっています。
東京地盤図「ボーリング選択」のメニューを選べば、表示されているマップから特定の地点をピックアップして柱状図を表示させることが可能。
住所を入力して検索をする方法もあり、いろいろな使い方ができます。
サイトには操作説明のメニューも用意されているため、素人でもスムーズに地盤の状態をチェックできるようになっています。
表示された結果をプリントアウトしておけば、物件を絞り込んでいくときにも役立つでしょう。
ちなみに、この東京の地盤は東京都建設局のサイトから無料で利用ができます。
地盤についての情報を知りたいときに、すぐに柱状図などの詳しいデータを閲覧できるのが便利な点です。
東京都では、民間の業者から柱状図の提供を随時受け付けており、新しい調査の結果をデータに活用している状況です。

地盤図を見てみると、自分がいま立っている場所がどんな土地なのかがわかります。
土地には山地や丘陵地、河谷底といったさまざまな種類がありますが、アスファルトで舗装されていたり建物が建っていたりすると、土地の種類を正確に把握することは少し難しいでしょう。
実のところ、土地はさまざまな地層が積み重なった状態になっていますので、ある程度深く地質を調べないと正確な状態がわからないのが現実です。
東京地盤図のようなボーリング調査の結果を閲覧できるサービスは、目には見えない、土地の中がわかるのが便利な点といえます。
それぞれの地層がどういった順番で積み重なっているかや、各地層の割合などがチェックできるので、土地の強度を知るうえでも参考になるでしょう。

東京都の土地は山地や丘陵地、沖積低地、谷底低地などの複数の種類にわかれています。
山地や丘陵地が多いのは、多摩市や世田谷区などがある西側のエリアです。
また、墨田区や江戸川区などの東京の東側は沖積低地の土地が多いエリアです。
ちなみに、川による浸食や川の堆積物がたまることでできた谷底低地は、東京都のさまざまなエリアに点在していますので、ボーリング調査の結果などを見てみないと正確なところはわからない場合が多いです。
一見、頑丈そうに見える土地も、調査結果をあらためて見てみると、実は地盤が弱かったというケースもないとはいえません。
一般的に地震の影響を受けやすいといわれているのは、沖積低地や谷底低地の土地です。
マンションを借りるときにも、土地の地質を確認してから物件を選んだほうが安心です。

土地の強度は、どのような地層で構成されているかによってかなり変わってくるのが現実。
例えば、粘土などの地質で構成されている土地は、強度も弱くなる傾向があります。
こういった土地の強さがわかる地盤図を見ると、どんな災害に気を付けるべきか、といったこともだいたい見当がついてきます。
例えば、低地ならば、川の氾濫に注意が必要です。大雨によって川が増水すると、低い土地は浸水の恐れがでてきます。
マンションの場合も、1階や2階の低層階はこのような浸水の影響を受ける可能性がありますので、要注意です。

例えば、津波などの災害が起きた場合、どこが高台となっているのかがわかればすぐに避難ができるでしょう。
地域の避難場所を普段から把握しておくことは、災害がおきたときに安全を確保するためにも必要になってきます。
また、地盤図を参考にすれば、土地の強度が高いエリアから物件を探すことも可能です。
地震の揺れは地盤によって伝わり方が異なる場合が多く、建物に生じるダメージも少なからず変わります。
強度の高い土地に建つ建物は、揺れ方なども多少軽減されるケースがあるため、地盤図を活用することは災害への対策を立てるうえでも大きなメリットがあります。
地震の際には液状化現象なども起こる可能性がありますが、地盤の質をしっかりとチェックしておけば、リスクの少ない土地を選んで家を探せるでしょう。

地盤図には正確な定義がないため、インターネット上から利用できるものだけでも実にさまざまな種類があるのが本当のところ。
中には、正確な情報が得られないものもあるため、サービスを利用するときには情報の精度や地質柱状図が見られるかどうか、なども確認しておいたほうがいいでしょう。
東京都建設局が提供している東京の地盤や国土交通省の国土地盤情報検索サイトなどは、正確な情報を知りたいときにも利用しやすいサービスといえます。
こういった公的機関のサービスは、客観的な立場から情報が提供されているのがいい点です。
情報の精度も高く、地盤の状態をかなり正確に把握できます。

地盤の情報はコンスタントに更新されていますので、データをチェックしたときから時間がたってしまうと、以前に取得したときと内容に違う点がでてくる可能性があります。
知りたい時点で最新の情報を得るようにすれば、このような問題は避けられます。
民間のサービスを利用するときには、どのような企業が発信している情報なのかを確認しておいたほうがいいかもしれません。
公的機関が提供するデータと比較するなどの方法をとれば、情報の正確さがある程度わかります。
実際、東京地盤図を利用する際には、複数のサービスを当たってみるのもひとつの方法です。
サービスごとにデータの内容が食い違うようであれば、もう少し情報収集を続けてみましょう。
インターネット上のサービスの場合、利用できる機能などが違う場合もあるため、いろいろなサイトを見て、使いやすさをチェックしてみるのもいい方法です。