グランパセオ菊川/事故

竣 工 2019年11月
最寄駅 菊川駅徒歩4分
総戸数 26戸

住 所 東京都墨田区菊川1-9-7
概 要 地上7階 RC造
駐車場 ―
■フリーレント3ヶ月キャンペーン
■さらに賃料3ヶ月分を弊社がキャッシュバック
■フリーレント合計、実質6ヶ月キャンペーン

■物件名フリガナ
グランパセオキクカワ
GRAN PASEO 菊川

■近隣周辺施設情報
ライフ菊川店まで約230m
アコレ江東常盤店まで約820m
マルエツ菊川店まで約470m
オオゼキ菊川店まで約450m
肉のハナマサ住吉店まで約550m
アルカキット錦糸町まで約1840m
ローソンストア100江東森下三丁目店まで約120m
ファミリーマート菊川一丁目店まで170m
くすりの福太郎森下駅前店まで約460m
どらっぐぱぱす菊川店まで約490m
墨田緑町郵便局まで約840m
東京シティ信用金庫菊川支店まで約330m

物件名 ランパセオ菊川
所在地 東京都墨田区菊川1-9-7
最寄駅 都営新宿線「菊川駅」徒歩4分
物件特徴 REIT系ブランドマンション、デザイナーズ
構造規模 地上7階 RC造
総戸数 26戸 築年月 2019年11月

■駐車場   ―
■バイク置場 有/月額5,500~8,800円
■駐輪場   有
―――――――
■設 計   ―
■施 工   ―
■管理形式  巡回管理
―――――――
■保 険   借家人賠償付き火災保険要加入
■ペット   不可
■楽 器   不可
■保証会社  利用必須
―――――――
■間取り
□1K~1SLDK(25.78㎡~51.10㎡)

※駐車場・バイク置場・駐輪場の詳細はお問合せ下さい。
※カード決済希望時はスタッフにお問合せ下さい。

アルテシモベーネ/事故

竣 工 2021年10月
最寄駅 護国寺駅徒歩6分
総戸数 23戸

住 所 東京都豊島区雑司が谷1-33-11
概 要 地上3階 地下1階 RC造
駐車場 1台(平置式)月額33,000円
■物件名フリガナ
アルテシモベーネ

■近隣周辺施設情報
マルエツプチ護国寺駅前店まで約420m
マルエツプチ東池袋5丁目店まで約560m
マルエツプチ雑司が谷2丁目店まで約740m
コープみらいミニコープ目白台店まで約590m
まいばすけっと目白台3丁目店まで約640m
ファミリーマート音羽2丁目店まで約660m
ファミリーマート豊島南池袋3丁目店まで約640m
セブンイレブン豊島雑司が谷2丁目店まで約430m
セブンイレブン豊島東池袋5丁目店まで約680m
ココカラファイン東池袋店まで約920m
ぬかりやレディスクリニックまで約1460m
文京目白台二郵便局まで約200m

物件名 アルテシモベーネ
所在地 東京都豊島区雑司が谷1-33-11
最寄駅 東京メトロ有楽町線「護国寺駅」徒歩6分
物件特徴 REIT系ブランドマンション、デザイナーズ、ペット可
構造規模 地上3階 地下1階 RC造
総戸数 23戸 築年月 2021年10月

■駐車場   1台(平置式)月額33,000円
■バイク置場 ―
■駐輪場   13台/月額330円
―――――――
■設 計   株式会社アーキスタイル一級建築士事務所
■施 工   株式会社リプランニングジャパン
■管理形式  巡回管理
―――――――
■保 険   借家人賠償付き火災保険要加入
■ペット   相談(小型犬:敷1積増 猫:敷2積増)
■楽 器   不可
■保証会社  利用必須
―――――――
■間取り
□1R~1K(25.22㎡~25.54㎡)

※駐車場・バイク置場・駐輪場の詳細はお問合せ下さい。
※カード決済希望時はスタッフにお問合せ下さい。

同棲したいと思っても、「タイミングが分からない」という人も多いのではないでしょうか。同棲は二人で決めて準備するもの。つまり、自分と相手の双方が「一緒に暮らしたい」「同棲する方が良い」と考えていることが肝心です。

付き合ってから1年程度が経過したとき
同棲のタイミングとしては、付き合ってからおおよそ1年が経過する頃がオススメ。会う頻度や一緒に過ごした時間の長さにもよりますが、1年程度付き合えば、お互いの性格や価値観、生活スタイルなどが分かってきます。変に気を使う必要もなくなるので、同棲の準備も進めやすいでしょう。

当然、もっと長い交際期間を経てから同棲するカップルもいます。しかし、近い将来の結婚を視野に入れている場合は、「付き合ってから1年」を1つの目安にすると良いでしょう。

一方で、付き合ってからの日が浅いうちに同棲するのには、注意が必要です。付き合いたての頃は一緒にいること自体が楽しかったり、何かと盲目的になりやすかったりします。また、お互いの性格を理解しきれていないまま一緒に暮らすと、同棲後に価値観の不一致を感じたり、ケンカが多くなったりするかもしれません。

お互いが結婚を意識し始めたとき
付き合っている相手との結婚を意識し始めたときも、同棲を始めるのに適したタイミングです。同棲をするカップルの中には、その先に結婚を見据えている人たちが多くいます。結婚前に互いの理解をさらに深めたり、結婚式や新婚旅行の資金を貯めたりすることが、同棲する目的として挙げられるでしょう。

重要な点は、どちらか片方ではなく、「二人とも結婚を意識している」ということです。二人の気持ちや方向性が異なる状態で同棲をしても、将来の計画が立てにくいだけでなく、どちらかが思い描いていた未来と異なる結果にもなりかねません。

婚約後
婚約をきっかけに同棲を始めるカップルも多くいます。特に、同棲をしたいと思いつつも「きっかけ」がなくて踏み切れていなかった人たちや、婚約をしないうちは同棲を反対する親をもつ人たちにとっては、良いタイミングです。

婚約をしてから、入籍をして結婚式を挙げるまでには多少時間が空きます。その間一緒に暮らしていれば、コミュニケーションも取りやすくなるため、準備がスムーズに進められるでしょう。

同棲するタイミングとして気をつけた方が良いときとは
どちらかの「仕事環境に変化が生じたとき」や「借りている部屋の更新が近づいたとき」に同棲を検討したり、実際に同棲し始めたりするカップルは多くいます。しかし、これらのタイミングで同棲を始める場合には、一定の注意が必要です。

就職や転職、転勤をするとき
就職や転職、転勤によって引っ越すのに合わせて、同棲を始めるケース。新しい職場や会社で働き始めた当初は、仕事や職場環境に慣れるだけで一苦労です。「彼氏・彼女との生活のことまで気が回らない」ということも十分あり得るでしょう。

育った環境や生活スタイルの異なる二人が一緒に暮らすときは、それぞれが生活に慣れるまでに一定の時間がかかります。自分のやり方や考え方を押し付けたり、最初から相手に多くのものを求めたりすることは相手のストレスに繋がり、ケンカにも発展しかねません。そのため、お互いの性格を十分に理解できていない場合は、心身に余裕があるタイミングで同棲を始める方が良いでしょう。

賃貸物件の契約を更新するとき
ただ単に、「どちらかが借りている賃貸物件の更新時期が近づいたから」という理由で同棲をするのは、オススメできません。結婚を視野に入れていたり、婚約をしていたりする上で同棲を始めるのと、更新時期が近づいたからという理由で同棲を始めるのでは、同棲に対する考え方や目的が異なります。更新をきっかけに将来の話をする場合はこの限りではないですが、単に「更新料や家賃がもったいないから」という理由の場合は、一度踏み込んだ話をしてみる方が安心です。

同棲するメリットとは
それぞれが別々の場所で暮らすよりも、同棲する方がお互いへの理解を深められるだけでなく、金銭的にも時間的にもメリットがあります。特に、将来的に結婚を考えている場合は、同棲して得られるメリットは大きいでしょう。

生活スタイルや価値観が分かる
同棲をすると、彼氏・彼女の生活スタイルや価値観について、より深く知れます。付き合っている中で、なんとなく理解していたつもりでも、同棲をすることでその見え方が変わるかもしれません。相手の着飾らない、素の姿を見られるのもメリットの1つです。

生活スタイルや価値観は、結婚生活を送る上でも重要。これらが自分と極端に異なる場合には、長く一緒に暮らすこと自体が難しいでしょう。同棲をしてから同棲を解消するのと、結婚をしてから別居や離婚をするのとでは、そのハードルの高さが異なります。彼氏・彼女の暮らしぶりをよく理解した上で結婚する方が安心です。

結婚を考える上で欠かせない、相手の金銭感覚を知れるのも同棲するメリット。金銭感覚があまりに異なる場合は、共通の財布を持つことはおろか、生活費の負担割合を決めたり貯金をしたりする上でも上手くいかない可能性が高いでしょう。なお、お金に関することは同棲を検討する段階で一度話し合いや考えの共有をしておくのがオススメです。

結婚生活がイメージしやすくなる
結婚生活がイメージしやすくなるのも同棲するメリット。同棲当初は新婚生活のように、幸せな気持ちや楽しい気持ちが先行しますが、それも良い意味で徐々に落ち着いてくるものです。家事をする姿や普段の暮らしぶりを間近で見ることで、結婚後の生活や家庭について、ある程度イメージできるようになります。

一方で、同棲当初から家事が得意である必要はありません。一人暮らしや自炊の経験がなければ、不慣れであっても当然です。大切なのは、お互いの歩み寄りや家事を積極的にやろうする姿勢。得意不得意を考慮して家事を分担したり、徐々にできるようになったりすれば、お互いにストレスなく暮らせるでしょう。

生活費の節約と貯金ができる
同棲することによる金銭的なメリットは、生活費の節約と貯金ができること。一般的に、カップルがそれぞれ一人暮らしをするよりも一緒に暮らす方が、生活費は抑えられます。特に、毎月一定額の支出がある「固定費」のうち、家賃やインターネット料金、水道光熱費は一人当たりの負担額が安くなるケースがほとんどです。

また、別々に暮らしていたときに比べて、同棲時はデート費用を抑えられます。家の中や近所で過ごす頻度が高くなって交通費が以前よりもかからなくなったり、外食頻度が減ったりするためです。

自炊は、一人で自分のためにするよりも、彼氏・彼女のためにしたり、一緒にしたりする方が楽しいと感じる人も多いでしょう。一人暮らしのときは外食派だった人も、同棲を機に自炊派になるケースも多く見受けられます。同棲時の生活費については、以下の記事を参考にしてみてください。

同棲をすれば当然、一緒に過ごせる時間が長くなります。仕事と通勤時間以外はずっと一緒にいる、というカップルもいるかもしれません。特に、遠距離恋愛でなかなか会えなかったり、会うためにも時間がかかったりしていた人たちにとっては、大きなメリットでしょう。

ただし、多少なりとも「自分だけの時間」が欲しいと考えている人にとっては、常に一緒にいるという環境はストレスになることも。あらかじめお互いの意向を確認し、必要に応じてプライベート空間が確保できる間取りを選ぶと良いでしょう。同棲時の間取り選びについては、以下の記事で詳細に解説しています。

同棲を検討するときは一緒に暮らせる嬉しさから、どうしてもメリットに目が行きがちです。しかし、メリットだけを考えて安易に同棲せず、メリットとデメリットは常にセットで考えるようにしましょう。デメリット以上のメリットがあると判断した場合に同棲することをオススメします。

結婚せずにダラダラと同棲してしまう可能性がある
同棲中のカップルで時折耳にするのが、同棲したことで結婚のタイミングを逃してしまった、というケース。そもそもどちらかに結婚願望がなかったり、同棲生活そのものに満足していて、あえて結婚する必要はないと考えていたりすれば、なかなか結婚には至りません。また、一緒に過ごす時間が長くなればなる程、「今更、結婚の話題を出すなんて」とためらいや迷いも生じてしまうでしょう。

結婚のタイミングを逃さないためには、あらかじめ同棲の目的や期間について話し、お互いの考えを共有しておくことが大切です。期間は1年、または一般的な賃貸借契約期間である2年を目安にすることが多いでしょう。いずれにしても、「近い将来に結婚を考えた上での同棲である」ということをはっきりさせておく必要があります。

金銭感覚や価値観の違いでもめやすくなる
金銭感覚や価値観に違いがある彼氏・彼女と同棲をすると、それらを巡ってもめやすくなるのもデメリットの1つ。別々に暮らしながら付き合っている状態では気にならなかったことも、一緒に暮らせば嫌でも目についてしまうものです。お互いに歩み寄れる範囲であれば良いですが、そうでない場合は、それをきっかけに同棲を解消したり別れたりするという展開も十分あり得ます。

学生が同棲するときに注意したいこととは
同棲は社会人同士のみならず、学生同士や学生と社会人ですることもあります。しかし、親に何かしらの経済的援助を受けている学生が同棲する場合は、費用面はもちろん、同棲をすること自体にも注意が必要です。

学生同士の同棲
学生同士で同棲をする場合、特に注意すべきポイントは「事前に親の承諾を得ること」です。たとえアルバイトをしていたとしても、収入が不安定である学生が賃貸物件を借りる場合は、その親が契約者になることが一般的。仮に学生本人が契約者になったとしても、親を連帯保証人にしなければならないケースがほとんどです。

学生同士が同棲を始めるときは、新たに部屋を探すよりも、どちらかが元々住んでいた部屋にもう片方が移り住むパターンが多いでしょう。親が契約していた部屋を勝手に解約し、彼氏・彼女の部屋で同棲をしたものの上手くいかずに「再度、一人暮らしの部屋を探さなければならなくなる」というケースや、二人暮らしが許可されていない物件で同棲をしてトラブルになるケースもあります。事後報告をして親との関係性をギクシャクさせないためにも、学生のうちは同棲するのを控え、社会人になってからする方が無難です。

学生と社会人の同棲
学生と社会人の同棲では、「それぞれが置かれている状況が異なる」という前提を忘れないようにしましょう。学生は、日々の授業に加えて課題や試験に追われたり、アルバイトやサークル活動に励んだりと、学生ならではの忙しさがあります。他方、社会人は仕事による疲労やストレスを抱えることが多く、帰宅後や休日はゆっくり過ごしたいと思う人も多くいるでしょう。

生活スタイルや生活リズムがズレやすいため、同棲をしても一緒に過ごせる時間が限定的であったり、価値観や考え方にズレが生じやすかったりします。無理に同棲をするよりも、学生が社会人になるのを待ってからする方が生活しやすいだけでなく、将来も描きやすくなるでしょう。

墨田MIKAGE/事故

竣 工 2021年9月
最寄駅 菊川駅徒歩9分
総戸数 19戸

住 所 東京都墨田区緑2-2-7
概 要 地上9階 RC造
駐車場 ―
■物件名フリガナ
スミダミカゲ

■近隣周辺施設情報
ミニストップ緑2丁目店まで約230m
ファミリーマート亀沢1丁目店まで約200m
まいばすけっと墨田緑3丁目店まで約390m
セブンイレブン墨田立川3丁目店まで約170m
どらっぐぱぱす両国店まで約480m
ジョナサン両国店まで約400m
同愛記念病院まで約900m
墨田区立緑小学校まで約280m
にじいろ保育園菊川まで約180m
江戸東京博物館まで約450m
すみだ北斎美術館まで約110m

物件名 墨田MIKAGE
所在地 東京都墨田区緑2-2-7
最寄駅 都営新宿線「菊川駅」徒歩9分
物件特徴 REIT系ブランドマンション、デザイナーズ
構造規模 地上9階 RC造
総戸数 19戸 築年月 2021年9月

■駐車場   ―
■バイク置場 ―
■駐輪場   有/1台無料
―――――――
■設 計   株式会社京葉テクニカ
■施 工   株式会社京葉テクニカ
■管理形式  巡回管理
―――――――
■保 険   借家人賠償付き火災保険要加入
■ペット   不可
■楽 器   不可
■保証会社  利用必須
―――――――
■間取り
□1K~2LDK(25.50㎡~58.12㎡)

※駐車場・バイク置場・駐輪場の詳細はお問合せ下さい。
※カード決済希望時はスタッフにお問合せ下さい。

一人暮らしでペットを飼うためには、いくつかクリアすべき条件があります。これらがクリアできていないのに安易にペットを飼うことは、自分にとってもペットにとってもマイナスです。そもそも現状でペットを飼えるのか、自分自身の状況に置き換えて考えてみたり、物件探しをするときの参考にしたりしてみましょう。

「ペット可」の物件に住んでいること
賃貸物件に住みながらペットを飼うためには、それが許可されている「ペット可」の物件に住まなければなりません。インターネット上で物件検索をする際に、詳細条件として「ペット可」を選択すると、ペット飼育が許可されている物件やその可否を相談できる物件が表示されます。ペット可であっても、種類や数については一定の制限があることも多いため、詳細は直接問い合わせて確認しましょう。

賃貸物件市場において、ペット可の物件数には限りがあり、家賃は相場よりもやや高い傾向にあります。ただし、空室対策の一環として「ペット可」にしている物件の場合は、相場程度の家賃で入居できるかもしれません。敷金は1.5ヶ月や2ヶ月分、またはそれ以上のように、やや高めに設定されているのが一般的です。

なお、その他の選択肢としては、ペット飼育を前提として建てられた「ペット共生型賃貸物件」があります。入居者はペットを飼う人、または今後飼う予定の人に限定されることや、部屋の中や共用部分にペット専用の設備が備わっていることから、ペットを飼う環境としては最適。ただし、ペット可の物件に比べて家賃は高く、数も限定的です。

飼育費用が払えること
ペットを飼うときは、最初にまとまった額の支出が発生するほか、毎月一定の費用がかかります。つまり、日常生活を送る上で一定の金銭的な余裕がないと、ペット飼育は難しいでしょう。

飼育費は動物の種類によっても様々です。種類を選ぶときは、飼育のしやすさや好みだけでなく、「毎月問題なく飼育費が払えるか」という点に十分注意するようにしましょう。

散歩や掃除の時間が確保できること
犬のように、毎日の散歩が必要なペットを飼う場合には、そのための時間を確保できなればなりません。犬の種類によっては、1日2回散歩するのが望ましいものもいます。散歩時間の確保が保証できない場合は、散歩が不要な動物を選びましょう。

動物の種類を問わず必要なのが掃除。ペットシーツを毎日替えることはもちろん、熱帯魚や金魚、カメなどの水槽も定期的に洗わなければ、臭いや病気の原因になってしまいます。つまり、掃除時間の確保はペットを飼う上で必須条件です。

長期不在時の預け先があること
一人暮らしでは、自分以外にペットをお世話できる人がいません。そのため、出張や急用、体調不良などによってお世話ができないときに備えて、ペットの預け先をあらかじめ考えておく必要があります。ペットを預けられる仲の友人や親族の家が近くにある場合は良いですが、そうでない場合はペットホテルに預けることになるでしょう。

一方で、誰かに預けること自体が難しい動物もいます。特に、ウサギは環境の変化に弱く、ストレスを溜めやすいという特徴があるため注意が必要です。頻繁に出張があるような人は、ストレス耐性が高いものを選ぶようにしましょう。

責任をもってお世話ができること
生き物を飼う以上は、最後まで責任をもってお世話をしなければなりません。安易な気持ちで飼い、「予想以上にお世話が大変だった」といった理由で軽々しく手放すことは絶対にやめましょう。なお、動物愛護管理法では、飼い主の責任として「動物の健康と安全を確保するように努める」ことが定められています。

一人暮らしで飼うオススメのペットをご紹介
一人暮らしでペットを飼うときは、居住中の賃貸物件で飼えるものを選ぶのが大前提です。その上で、お世話がしやすいか、自分の生活リズムや環境で問題なく飼えるか、という点に注意しながら選びましょう。ここでは、一般的に一人暮らしでも飼いやすいとされるオススメのペットやその特徴をご紹介します。

小型犬
一人暮らしで飼う犬と言えば、小型犬。小型犬に限定して、犬の飼育を許可している賃貸物件も多数あります。運動量や飼育スペースの観点からも小型犬は飼いやすいでしょう。

その中でも飼いやすいとされているのが、「抜け毛が少ない」「しつけがしやすい」「あまり吠えない」犬種。例として、チワワやフレンチブルドッグ、パグなどが挙げられます。ただし、あまり手のかからない犬であっても、毎日一定の触れ合い時間を確保し、ストレスをためさせないようにしましょう。


猫は単独行動をする習性があるため、留守番時間が長くなりがちな一人暮らしでも飼いやすいペットです。散歩は不要ですが、キャットタワーを設置して部屋の中で十分に動けるようにするなど、飼育に適した環境づくりをすると良いでしょう。

比較的飼いやすいとされる猫ですが、その中でもしつけがしやすかったり、正確が穏やかであったりするものがオススメ。アメリカンショートヘアやロシアンブルーは毛も短いため、お手入れがしやすい点も魅力です。

ウサギやハムスターなどの小動物
お世話の手間があまりかからない一方で、その愛くるしさから癒しの存在になってくれるのが、ウサギやハムスターなどの小動物。散歩が不要でエサも少量で済むため、月々の飼育費も限定的です。ウサギは1日1回以上、ケージの外に出して部屋の中を自由に歩き回らせると、心身の健康が維持できます。

インコや文鳥などの鳥類
鳥類の中でも特に飼いやすい、インコや文鳥。人になつきやすく、慣れると手や肩に乗って飼い主を楽しませてくれます。エサ代もあまりかからず、お世話がしやすいのも魅力です。

熱帯魚や金魚などの魚類
ペットの飼育経験がない人でも飼いやすいのが熱帯魚や金魚。見た目も色鮮やかで、癒し効果も高いとされています。定期的に水槽を掃除する以外はほとんど手間もかからず、ご近所迷惑になることもないため、一人暮らしでも安心して飼えるでしょう。

ロボットペットもオススメ
「ペット可の物件に住んでいない」「継続的なお世話ができない」「動物アレルギーがある」など何かしらの理由で本物の動物は飼えないけれど、「ペットを飼いたい」「日々の癒しが欲しい」という人には、ロボットペットがオススメ。AI機能やタッチセンサーが搭載されているものも多く、本物の動物のような動きをしたり表情を見せたりと、子どもから高齢者まで幅広い世代に愛されています。当然、大家さんの許可を得ることなく飼うことができ、部屋を傷つけたり汚したりする心配もありません。

一人暮らしでペットを飼うときのポイント
一人暮らしに限ったことではないですが、ペットを飼うときのポイントをご紹介します。これらを意識して実行するだけで、ペット飼育によるトラブルを軽減できるだけでなく、ペットとの暮らしがより快適なものになるでしょう。

近隣から苦情が出ないように気をつける
アパートやマンションなどの集合住宅に住む場合は特に、近隣住民への配慮が必要です。たとえペット可の物件であっても、必ずしも住人全員がペットを飼っているわけでも、動物が好きなわけでもありません。トラブルを防ぐために、鳴き声や足音への対策をとることや、共用部分でマナーを守ることが大切です。

鳴き声や足音などの騒音対策では、吸音性や遮音性のあるパネルやマットを壁に貼ったり床に敷いたりすると、一定の効果が得られます。窓の外への音漏れが気になる場合は、遮音カーテンを取りつけると良いでしょう。当然、鳴き声が小さかったり出なかったりする動物を選べば、これらに悩まされることもありません。

しつけをする
しつけができるペットの場合は、飼い始めてから早い段階でしつけをするようにしましょう。しつけをすることで、部屋の汚損や破損を最小限に抑えることができます。犬の場合は、隣人とトラブルになりやすい「無駄吠え」を防ぐためにも、しつけは重要です。

しつけをする時間がない場合や自力では上手くいかない場合は、専門のブリーダーに一定期間預けたり、しつけ教室に通ったりするという手段もあります。多少費用はかかっても、後々の原状回復費用を考えれば、プロにしつけをしてもらうのも良い選択でしょう。

傷や汚れ対策をする
ペットを飼うときには、傷や汚れ対策をしましょう。特に、犬や猫のように部屋の中を自由に歩かせる場合は、床や壁に傷や汚れがつく可能性があります。床にはカーペットを敷いたり、壁にはペット用の保護シートを貼ったりするなどの対策がオススメです。

ペット飼育によってできた傷や汚れについては、退去時に原状回復をしなければなりません。臭いだけであれば、ハウスクリーニングで消臭をすることも可能です。しかし、傷がついてしまった場合や汚れがひどい場合は床や壁紙の張り替えが発生し、原状回復費用が高額になる恐れがあるため、特に注意しましょう。

周辺環境を確認する
ペット飼育を前提に賃貸物件を探しているときは、周辺環境の確認も大切です。飼うペットの種類にもよりますが、近所に以下の施設があると何かと便利でしょう。

ペットを飼い始めるタイミングは、自分のためにもペットのためにも、長期休暇に合わせるのがオススメ。特に、子犬や子猫などを飼う場合には、成犬や成猫に比べてエサやりの回数が多いため、長時間家を空けることができません。動物によっては新しい環境に慣れるのに時間がかかるものもいるため、常に様子が見られたり、長い時間を一緒に過ごせたりする長期休暇は、ペットを飼うタイミングに最適です。

ペットを飼うときは必ず大家さんの許可が必要
賃貸物件でペットを飼うときは、その種類を問わず、大家さんの許可が不可欠。あらかじめ飼育できる種類や数を確認し、口約束ではなく、契約書上でも飼育が許可されていることを確認しましょう。

なお、ペット可の物件に住んでいる場合も、契約の途中からペットを飼い始める場合や種類や数が変わる場合は、都度大家さんに連絡が必要です。必ずペットを迎える前に連絡をし、飼育に問題がないことを確認しましょう。

なぜ許可が必要か
賃貸物件は大家さんにとって大切な資産です。ペットを飼育すると、壁や床に傷や汚れができたり、臭いが染みついたりするなど、資産価値が下がるリスクがあります。それゆえペット飼育を許可しない物件も多く、許可していても、事前に種類や数の申告が求められることがほとんどです。

鳴き声や臭いが出ないペットも必ず許可をとる
「鳴き声もなく、散歩にも連れていかないからバレないだろう」と大家さんに黙ってペットを飼うことは、絶対にやめましょう。知らず知らずのうちに部屋に染みついてしまった臭いやペットの脱走など、何かしらのきっかけで大家に知られてしまう可能性は否めません。

無断でペット飼育をしたときのリスク
大家さんに黙ってペットを飼うことのリスクは、契約違反によって退去を言い渡されることや、ペット飼育による傷や汚れに対して損害賠償請求がされることです。ペットを手放さざるを得なかったり、契約書に定めがある場合には違約金が発生したりもするでしょう。

なお、分譲マンションの場合、マンションの管理規約上はペットの飼育が許可されていても、大家さんの意向でペット不可としている物件も多くあります。他の住人も飼っているから問題ないだろうと自己判断せず、契約書の内容をよく確認するようにしましょう。

グランカーサ王子/事故

竣 工 2021年9月
最寄駅 王子駅徒歩8分
総戸数 42戸

住 所 東京都北区王子3-15-9
概 要 地上13階 RC造
駐車場 ―
■物件名フリガナ
グランカーサオウジ

■近隣周辺施設情報
ローソン王子二丁目店まで約140m
食品館イトーヨーカドー王子店まで約630m
まいばすけっと王子店まで約490m
サミットストア王子店まで約830m
ミニコープ豊島店まで約930m
業務スーパー王子店まで約1060m
ユニクロ王子神谷店まで約570m
王子銀座商店街まで約350m
王子病院まで約350m
王子警察署まで約150m
王子六丁目児童遊園まで約320m

物件名 グランカーサ王子
所在地 東京都北区王子3-15-9
最寄駅 東京メトロ南北線「王子駅」徒歩8分
物件特徴 REIT系ブランドマンション、デザイナーズ、ペット可
構造規模 地上13階 RC造
総戸数 42戸 築年月 2021年9月

■駐車場   ―
■バイク置場 有
■駐輪場   有
―――――――
■設 計   PCMC・アーキテクト・サポート株式会社一級建築士事務所
■施 工   株式会社CMC
■管理形式  巡回管理
―――――――
■保 険   借家人賠償付き火災保険要加入
■ペット   相談(敷1積増)
■楽 器   不可
■保証会社  利用必須
―――――――
■間取り
□1K~2LDK(20.08㎡~55.77㎡)

※駐車場・バイク置場・駐輪場の詳細はお問合せ下さい。
※カード決済希望時はスタッフにお問合せ下さい。

築年数とは、建物が完成してからの経過年数のこと。古い建物を大切にする文化がある欧米とは異なり、日本では築年数が長い築古物件よりも、築年数の浅い築浅物件や新築物件の方が好まれる傾向にあります。地震を始めとする災害が発生しやすいという土地柄も、その背景にあるでしょう。

「築浅」や「新築」とは
築浅物件とは、建物が経ってからの年数が比較的浅い物件のこと。「築浅」については、明確な年数の定義はありません。しかし、一般的には築5年以内の物件について築浅と呼ぶことが多いです。築10年以内のものを指す場合もあります。

新築物件とは建てられてから1年以内かつ未入居の物件のことです。つまり、築半年の物件であっても、誰かが1度でも居住したものは、新築物件ではなく中古物件となります。

「築古」とは
築古についても明確な年数の定義はありません。10年を過ぎたら築古と呼ぶ場合もあれば、20年や30年を過ぎてから呼ぶこともあります。

築年数の考え方は建物の構造によっても異なる
築年数を考えるときは、その建物の構造にも着目しましょう。多くの場合、アパートであれば木造や軽量鉄骨造、マンションであれば重量鉄骨造や鉄筋コンクリート造などが主要な構造。建物は、構造によって耐久性や耐震性といった特徴が異なることから、築年数への考え方も構造によって変わるのです。

各構造の特徴
主な建物の構造のうち、耐久性や耐震性に特に優れているのが鉄筋コンクリート造。(※)鉄筋の周囲にコンクリートを流し込んで固めたもので主要部分を構成しているため、頑丈な造りになっています。これに次いで耐久性や耐震性が高いものが、重量鉄骨造や軽量鉄骨造などの鉄骨造。重量鉄骨と軽量鉄骨では鋼材の厚さの違いから強度に差はあるものの、鉄骨の「折れにくい」という性質ゆえ、地震による倒壊リスクは低いとされていいます。

一般的に、その他の主要な構造に比べて耐久性や耐震性が劣るのが木造。ただし、それらの性能は使用している木材や木の種類、工法、適切なメンテナンスの有無、環境によっても異なるため、一概に「木造だからリスクが高い」とは言えません。

法定耐用年数とは、「税務上の価値」を算出するために定められている、構造別の耐用年数のこと。これらの年数の違いから、同じ築年数の建物であってもその構造によって、評価が異なることが分かります。実際の寿命とは異なりますが、建物の築年数を考える上では1つの目安となるでしょう。

築年数を見ておおよそ検討がつくのが、その建物が「旧耐震基準(旧耐震)と新耐震基準(新耐震)のどちらの基準に則して建てられたものか」ということ。旧耐震と新耐震の違いは、築年数を考える上で特に重要なポイントです。

耐震基準とは
耐震基準とは、一定規模の地震が起こっても建物が損壊や倒壊しないように定められた、建築基準法上の基準のこと。建物を建てる前は、現行の建築基準に適合していることを確認するために、建築確認申請をすることが義務付けられています。その申請が受理された日が「建築確認日」です。

大規模な地震が起こる度に見直されてきた耐震基準ですが、1981年の建築基準法改正では抜本的な見直しがされました。これにより、建築確認日が1981年5月31日以前のものを「旧耐震」、1981年6月1日以降のものを「新耐震」と呼びます。

旧耐震と新耐震
旧耐震では、「震度5強程度の中規模地震が起こったときに倒壊しない」ことが基準となっていました。これに対して新耐震では、「震度6~7程度の大規模地震が起こったときに倒壊しない」ことが基準です。過去の大震災での被災状況からも、旧耐震の建物は新耐震の建物に比べて、建物の損壊・倒壊割合が高いことが明らかになっています。

ただし、旧耐震のときに建てられた物件が必ずしも頑丈でないとは言い切れません。実際に、過去の大震災においても被害がなかったり軽微な被害で済んだりした旧耐震の建物も多数存在します。入居を検討している物件が旧耐震である場合は、建物の構造や地盤の強さなど、他の条件を加味して検討すると良いでしょう。

旧耐震か新耐震かの確認
旧耐震が新耐震かについての記載が見当たらない場合、どちらの耐震基準に則しているかは、築年数からある程度検討をつけるのが一般的。これは通常、賃貸物件情報には建築確認日の記載がないためです。

なお、建築確認日から建物が完成するまでには、一定の時間がかかります。短ければ1年以内、長ければ数年以上かかることも。2021年現在で築40年前後の物件については築年数だけで判断せず、どちらの耐震基準で建てられたものか、不動産屋さんに問い合わせてみると安心です。

耐震補強の有無
旧耐震の物件の中には、現行の耐震基準を満たすために耐震補強工事が施されているものがあります。耐震補強は、部分的にではなく建物全体でされていなければ、その効果は十分に発揮されません。しかし、中には「1階部分だけ」のように部分的な工事をしただけで「耐震補強済」としているものもあるため注意しましょう。

旧耐震建物への耐震補強工事は、その費用の高さからあまり進んでいないのが実情。旧耐震の物件への入居を検討している場合は、耐震補強の有無とその範囲をあらかじめ確認しておくと安心です。

築年数で物件の良し悪しが決まるとは限らない
築浅物件が必ずしも良い物件というわけでも、築古物件が良くない物件というわけでもありません。築浅物件も築古物件も、それぞれにメリット・デメリットがあります。これらを理解すれば、賃貸物件の良し悪しは築年数だけでは決まらないことが分かるでしょう。

築古物件のメリット
築古物件のメリットは、家賃の安さ。当然、立地や周辺環境、グレードによっては必ずしも相場より安いとは限りません。しかし、築年数に応じて徐々に家賃が下がっていくのが一般的です。設備や内装、共用部分における多少の古さを許容すれば、お得な物件に入居できるチャンスがあるでしょう。

築古物件のデメリット
間取によっては、住みにくい可能性もあるのが築古物件のデメリット。リノベーションがされていない場合は、間取りがLDKタイプではなくDKタイプであったり、フローリングにクローゼットではなく、畳に押入であったり、という物件もあります。住みやすさの感じ方は人それぞれであるため一概には言えませんが、内装や設備の新しさや間取りについてこだわりがある場合は、単に家賃の安さだけで決めないように注意しましょう。

また、長く空き家になっていた築古物件は、給排水設備が劣化している可能性もあります。それらの設備については、入居前に大家さんか管理会社に点検を依頼しておくと安心です。

築浅物件のメリット
築浅物件のメリットは、その時点での最新設備が導入されている可能性が高いこと。必ずしも設備のグレードが高いとは限りませんが、新しいものの方が安心感や清潔感があると感じる人も多いでしょう。また、エアコンを始めとした家電は、新しいものの方が省エネで経済的です。

内装がきれいであることはもちろん、共用部分や外観がきれいであることも築浅物件のメリット。毎日通ったり使ったりする場所だからこそ、それらも重視したいという人は一定数いるでしょう。

築浅物件のデメリット
築浅物件のデメリットは家賃の高さ。一般的には、築浅物件の方が入居希望者も多く、家賃はやや高めに設定されています。

新築物件は誰も住んでいないという点がメリットである反面、体質的にそれがデメリットとなってしまう人もいます。建材や塗料に含まれる化学物質やカビ、ダニなどが原因となって、めまいや吐き気、アレルギー症状が引き起こされるのがシックハウス症候群。法改正によって特定の化学物質の使用が規制されるなどの対策が施されていますが、発症リスクがゼロになったわけではありません。特に、新築物件の場合は化学物質を含む空気が流れやすいため、注意が必要です。

築古物件に住むときの確認ポイント
築古物件に住むこと自体は悪いことではなく、築古物件に住むからと言って地震のリスクと隣り合わせになるわけでもありません。むしろ、家賃や立地などその他の条件の良さから、積極的に築古物件を選ぶ人もいるでしょう。築古物件に住むときには、事前に以下のポイントを確認しておくと、安心して住むことができます。

修繕や管理が適切に行われているか
たとえ建物や設備が古くても、修繕や管理が適切に行われていれば、生活上困ることはなかったり、設備も問題なく使用できたりします。反対に、適切な修繕がされていない場合は、不具合が発生しやすいだけでなく、そうしたときも適切に対処してもらえないかもしれません。

アパートや賃貸専用のマンションの場合は、内見時に居室内のみならず、共用部分や建物周辺の状況を確認するのがオススメです。それらの管理が行き届いている物件であれば、仮に居室内の設備に不具合が発生したときも、すぐに対応してもらえるでしょう。

リフォームやリノベーションがされているか
築古物件の中には、リフォームやリノベーションがされている物件も多くあります。内装や設備が新しくなっていれば、築浅物件に住むのと遜色ない暮らしができることも。水回りが新しくなっているだけでも、生活のしやすさや快適性は向上するでしょう。

設備は問題なく使えるものか
設備に古さを感じる場合には、問題なく使えることを事前に確認したり、許可が得られる場合には、内見時に動かしてみたりすると安心です。特に、給湯器やエアコンは、入居後に不具合が見つかると不便を強いられます。仮に動いたとしても、稼働に時間がかかるもの、日常生活を送る上で支障が出そうなものについては、入居前の交換を打診してみるのも1つの手です。

地盤は強いか
建物の耐震性や安全性を考える上では、地盤の強さも重要。地盤が強い土地で旧耐震の物件に住むのと地盤が弱い土地で新耐震の物件に住むのでは、前者の方がリスクは低いと考えられる程、地盤の強さが与える影響は大きいのです。地盤が弱い土地では揺れが増幅して被害が大きくなることも、過去の大震災で証明されています。

つまり、耐震性や安全性を心配する場合は、築年数だけでなく地盤の強さにも目を向ける方が安心です。ジャパンホームシールド社の「地盤サポートマップ」では、全国の土地における地盤の強さ(地耐力)や地震時の揺れやすさ、液状化や土砂災害などのリスクについて調べられます。日本全国どこに住んでも災害が身近に感じられるからこそ、少しでもリスクが小さいエリアに住む方が安心して暮らせるでしょう。