REIT FIND ブランドマンション

12のブランドマンションならではの特徴や個性はあなたの理想の暮らしを見つける近道へ

都会でのビジネスシーンやアーバンライフにゆとりと安心、そして快適さを与える
REIT FIND厳選の東京都心のブランドマンションシリーズです。

パークホームズ

基本に忠実に則った、確かな住まい。それが三井不動産の展開するパークホームズシリーズです。堅固な地盤、しっかりとした基礎工事など、耐震性のある安全なマンション。また引き渡し後も三井不動産が直接アフターサービスを行ってくれるので、安心出来るブランドです。

シティハウス

住友不動産の都市型小規模マンションシリーズ。駅からの距離や周辺の商業施設など、利便性の高いハイクオリティなマンションに名づけられたのがこのシティハウスです。都市の生活を謳歌できる、質の高いブランドとして地位を確立しています。

シティタワー

シティハウスのコンセプトである、利便性の高いハイクオリティマンションのタワー形がシティタワーです。タワーマンションだからこそ味わえる眺望を存分に味わうため、ダイナミックパノラマウィンドウも同社の特徴の一つ。立地エリアとして、都心エリアや湾岸エリアが多いのも特徴的です。外観はガラスカーテンウォールとシックな色使いにより、一瞬でシティタワーのマンションだと分かります。またエントランスが2〜3層吹き抜けの開放感があるのも特徴。マンションとして後から変えの効かない外観とエントランスのグレードを上げることで、資産価値を保つという哲学のもと、その土地のランドマーク的存在として、都会の景観を作り上げています。

パークタワー

これからの都市型マンションを牽引していこうというのが三井不動産のパークタワーシリーズ。タワーマンションならではの充実した共用施設や眺望はもちろん、その土地の風景に溶け込んだデザインなど、それだけではない価値が提供されています。また、防災強化のためのコミュニティの創造や、ガスや電気などのエネルギー節約のための管理システムの構築など、新たな住まいのあり方が模索されています。

ブリリア

日本で最も古い不動産会社とも言われる、東京建物のブリリア。安田財閥の創始者である安田善次郎が明治29年に設立し、現在まで100年以上の歴史を誇ります。2003年から名称をブリリアに一本化。洗練と安心という二つのコンセプト通り、美しい外観や厳しい品質基準など、ハイクオリティです。きめ細やかなアフターサービスやオーナーズ特典など、購入後も様々な利点を備えています。

プラウド

野村不動産が展開するマンションブランドプラウド。優雅なTVCMでもお馴染みのブランドです。プラウドのブランド力は非常に強く、相場よりも高い金額であってもブランド力で販売しきる力があります。他の不動産会社と異なり、ブランドを細かく分けないのも野村不動産の特徴です。

グランドヒルズ

住友不動産が手掛けるブランドの中で、最高峰であるグランドヒルズ。洗練された外観に高品質な性能、ホテルライクな内廊下やコンシェルジュサービスなど、上質の住まいが提供されています。住友不動産の集大成であり、まさに信頼の証なのです。

ザ・パークハウスグラン

三菱地所レジデンスの最高峰シリーズ。複数のブランドを持つ会社が多いのに対し、三菱地所はパークハウス一本でブランドを確立してきました。しかし、2011年の経営統合をきっかけに、現在は最高峰ブランドとしてパークハウスグランを創設。会社を挙げてこだわり抜いた品質や、トップクラスの水準をこのグランシリーズに集約することにしました。

パークコート

閑静な邸宅地に建つハイクオリティマンション。上品な佇まいが印象的で、時代にとらわれない本物の理想形がここにあります。高級感のある内廊下や性能の高い防音壁はいずれもプライバシーに配慮されたもの。華美なラグジュアリーよりも、気品のある美しさが追及されています。

パークマンション

三井不動産が手掛けるマンションの中で、最高峰ブランドであるパークマンション。白金、麻布、千鳥ヶ淵など、限られた超一等地に建つマンションにのみ名付けられます。調度品から内装、外装などすべてにおいて最上のもので揃えられており、分譲マンションで初めてグッドデザイン賞を受賞したのも、このパークマンション。時代をリードする、比類なき最高級ブランド。それが、三井不動産のパークマンションシリーズなのです。

麻布周辺は貝塚などの遺跡が点在しており、縄文時代から人間が居住していた事が裏付けられている土地です。
水田跡が発見されている事から、弥生時代にも一定の人々が定住し農業も行われていたとされています。
江戸時代初頭までは小さな農村でしたが、この頃から麻布周辺に神社やお寺が建ち並び始めて参拝客で賑わうようになりました。
なお「麻布」という地名の由来は文字通り麻生地の布を生産していた事に発しており、文献で初めて「麻布」という表記が確認されるのも江戸時代初期の元禄期です。
地形的には台地と平地・谷地の境界に位置しており坂道が多い事で知られていますが、坂の名称の殆どが江戸時代に付けられたものと言われています。麻布に住む

麻布の中でも有名な麻布十番という地名の由来には2つの説が存在します。
1つは1698年に5代将軍綱吉の別邸を白金に建築するにあたって集めた人々を地域別に区分けした際に、この地域が十番目に該当したというものです。
もう1つは1675年の河川改修工事の際、麻布が十番目の工区だったからと言われています。
いずれにしても、麻布の地域内を順番に区画して付けられた名前ではないので、八番や九番は存在しないのです。
将軍別邸の建設に伴って江戸中期頃から麻布の高台周辺に武家屋敷や大名屋敷が建ち並ぶようになり、高貴な住宅地としての一面が形成されました。
明治にさしかかる頃には高台に高級住宅街、坂下の平地には職人の仕事場や商店街という図式が出来上がります。
大正時代には麻布十番を中心にデパートや映画館・演芸場が建ち並ぶようになり、高級住宅地でありながらも華やかな繁華街としての一面も持ち合わせる街となりました。
昭和の第二次世界大戦では空襲により焼け野原となる程の被害を受けましたが、力強く復興を遂げた今は日本有数の高級住宅街としてその存在感を発揮しています。

麻布の魅力としてまず思い浮かぶのは、やはり「高級住宅街としてのブランド」ではないでしょうか。
麻布は青山・赤坂と並んで「3A」と呼ばれる港区の3大高級住宅街に数えられています。
軒を連ねる家々はゆとりのある敷地を贅沢に使った門構えで、華やかかつ重厚な雰囲気が印象的です。
有栖川宮記念公園をはじめとする自然豊かで優雅な公園が身近に点在しているのも、落ち着きある高級住宅街としてのポイントでしょう。
ブランド力と住み心地を兼ね備えた麻布は、芸能人やモデル、政治家などに人気を博しています。

高級住宅街として名を馳せる一方で、麻布には人情味溢れる下町的な一面も持ち合わせます。
麻布台や元麻布といった坂上周辺の高級住宅地から少し離れると、300軒以上のお店が連なる商店街である麻布十番や、下町風情香る住宅街の東麻布が広がっているのです。
高貴な雰囲気と人の温かみが調和する不思議な空気感も、麻布の魅力の1つ言えるでしょう。
また、麻布には1859年と古くよりアメリカ大使館が置かれた歴史的背景から、オーストリアやアルゼンチンなど世界各国の大使館が集まっています。
大使館周辺にはその国の人々が定住する事も多く、大使館が多ければそれだけ国際色豊かな街が作り上げられると言えるでしょう。
麻布内を見回してもカフェやオープンテラスなど、どことなくヨーロッパを思わせる街並みが散見されます。
1928年設立という歴史を持つ社交クラブ「東京アメリカンクラブ」がある事でも知られ、麻布は異文化交流に適した風土が整っている街でもあるのです。
そして麻布周辺にはテレビ局や芸能プロダクション・音楽事務所が多く、最先端の文化を発信するクリエイティブな空気をまとっています。
常に新しい文化が行き交う麻布は、自分の流行アンテナを刺激するのに持ってこいの場所なのです。

麻布に住むという事には、様々なメリットを挙げられます。
都内一等地の住宅街でありながら、様々な側面を持つ麻布だからこそ多くのメリットがあるのです。
地域の中心駅である麻布十番駅には東京メトロ南北線と都営大江戸線が乗り入れており、新宿などの都心部や月島・両国などの下町方面などアクセスが良好です。
ビジネスにも休日のショッピング・観光にも対応出来る、フットワークの軽い立地となっています。
流行やメディアの中心地とも言える六本木ヒルズや東京ミッドタウンへも電車で1駅なので、最新の映画や美術展など新しい刺激を手軽に楽しむ事が可能です。

麻布の街中に目を移すと、麻布十番を中心に庶民的なスーパーが軒を連ねている事に気付くでしょう。
高級住宅街と聞くと物価が気になってしまう人も多いですが、下町的な一面を持ち合わせている麻布では標準的な物価水準が保たれています。
スーパーの激戦区とも言われる地域なので、普段のお買い物に困る事も無いでしょう。
また、麻布周辺は都内屈指のグルメエリアでもあるので強いこだわりを持った飲食店が多いのもメリットです。
オシャレなカフェやベーカリーショップはもちろん、ミシュランガイドで星を獲得しているレストランにイタリアン・フレンチ料理店など優雅な食事が徒歩圏内で楽しめます。
更に高級な洋食レストランばかりではなく、ラーメンやお好み焼き、そば屋など庶民的なメニューを提供するお店も豊富です。
気分や用途に合わせて自宅周辺で外食出来る事は、日々の鋭気を養うという意味でも大きなポイントでしょう。

一口に「麻布に住む」とは言っても、ご紹介してきた通り麻布には地区によって様々な側面を持っています。
同じ「麻布」と付く住所に住んでいても、通り一つを挟んだだけでもガラっと空気感の違い感じるのが麻布という街なのです。
引っ越した後でギャップを感じてしまわない為にも、麻布という街並みのポイントを押さえておく事は重要でしょう。

麻布地域で最も栄えているのは、商店街が形成されている麻布十番周辺です。
駅からも近く買い物の利便性も高いですが、住まいに落ち着いた静けさを求める人にとっては好みが分かれるところでしょう。
閑静な住宅街は、商店街から一本奥に入った麻布十番2丁目や3丁目に形成されているので、この辺りの物件を検討してみるのもオススメです。
麻布十番周辺ではワンルームの家賃相場は13.3万円となっており、極端に高騰しているという訳でもありません。
坂上の高級住宅街よりも比較的相場が安く、繁華街へも近いので強いこだわりがなければまずは麻布十番近辺から物件を探してみると良いでしょう。
目的や好みに応じて麻布十番から周辺地域へターゲットを広げていくと、条件に合った物件が見つかり易いです。

麻布には由緒ある歴史に裏付けられた魅力がたくさん詰まっています。
様々な国の人々と異文化交流を楽しむも良し、街中のグルメを楽しむも良し、アクセスの良さを活かして多方面へお出かけするのも良いでしょう。
自宅へ戻ればいつでも落ち着きと高級感のある空気が出迎えてくれます。
バラエティに富んだメリットを持つ麻布は、様々な生活スタイルを持つ人々を受け入れる懐の深さが魅力です。

高級感あふれる洗練されたデザイン?もちろんデザイン性や材質なども大切な要素ですが、決してそれだけではありません。
まず大切なのが、手入れがきちんと行き届いていて、どんな人でもリラックスできるように管理されているということです。
どんなに素敵なインテリアを並べていたとしても、表面が剥げていたり、シミがついていたりするのが目につくようでは、あまりその空間に長居したいとは思えないものです。
そこでゆっくり過ごしたいと思えるような空間づくりを日々意識することが大切になってきます。

汚れ・くもりが一切ないように磨かれたインテリアに、シワ一つなくピンと張ったシーツ。
洗練されたインテリアもさることながら、その徹底された清潔感があなたに非日常感を味わわせてくれるのです。
さらに、高級ホテルのインテリアは宿泊客が快適に過ごせるように計算されて配置されているのも特徴です。
安いビジネスホテルに泊まり、残った仕事を部屋で終わらせてしまおうとノートパソコンをデスクに置いたとき、デスクの狭さに使いづらさを感じたことはありませんか?
デスクとベッドの間が狭くて、椅子に座るのも一苦労なんてこともあります。
しかし、高級ホテルでは決してそのようなことはありません。
それは、お客様がどのようにして部屋で過ごすかを想定し、あらゆるシーンで快適に使えるように配慮されているからです。
高級ホテルのような空間づくりを目指すのならば、部屋で過ごす全ての時間を快適に過ごせるようなインテリアでなければなりません。

どのようなインテリアを置くか具体的に考える前に、まずは部屋のテーマを決めましょう。
どんなに素敵なインテリアを揃えても、インテリア同士に統一感がなければ、部屋全体がごちゃごちゃとした印象になってしまい、落ち着ける空間ではなくなってしまいます。

特定の国や地域をイメージしながらインテリアを選ぶと、一気に非日常感が高まります。
例えば白を基調とした北欧をテーマにすれば、清潔感あふれ洗練された部屋に。
アジアンテイスト漂うインテリアを中心に揃えれば、リゾートホテルのような空間を演出することができます。
また、時代別にテーマを決めるのも良いかもしれません。
優美で繊細なデザインが特徴的なロココ調のインテリアで部屋をコーディネートすれば、優雅な時間を過ごすことができるでしょう。
全体的なテーマが決まったら、次はどのような色合いにするかを決めていきましょう。
決める色は全部で3色です。
まずは壁や床のような大きな面積を占めるベースカラーを決めます。
白などの膨張色の方が、部屋を広く感じることができます。
次はソファやテーブル、ベッドなどの大きめの家具に使うアソートカラーを決めます。
アソートカラーによって部屋の雰囲気が大きく変わるので、慎重に決めましょう。
そして最後にアクセントカラーを決めます。
アクセントカラーは差し色のことで、小さめのインテリアや小物に使用します。
他の2色と対照的な色にすることで、部屋を引き締める効果が得られます。
インテリアを選ぶ際にはデザインや色だけでなく、素材にも気を使いましょう。
せっかく色味やテーマを統一させても、素材がバラバラだと部屋に統一感が欠けてしまいます。
レザーや木目調、好きな素材を選んで構いませんが、素材でも統一感を持たせることを忘れないようにしましょう。

これらが目につくだけで、一気に生活感が出てきてしまいます。
したがって、高級ホテルのような空間を目指すのならば、常に清潔感があるように心がけて生活しなければなりません。
ホテルで一番印象に残る部分と言えばベッドです。
シワ一つない完璧なベッドメイキングを見ただけで、高級ホテルを訪れていると実感することができます。
つまり、自宅でもベッドをきれいな状態に保つだけで、ホテルのような特別感を演出することができるという訳です。
起きた後は布団を乱れたままにせず、きれいに整えることを習慣づけましょう。
また、用が済んだ飲食物もすぐに片付けるように気をつけてください。
食べ終わった食器などはもちろんのこと、お菓子やペットボトルなども片付けずにそのままにしておくだけで、一気に生活感が出てきてしまいます。
せっかくのインテリアを台無しにしないよう、生活感が出る飲食物は目の届かないところに置いておくのがベストです。
そして当然ながら掃除はこまめに行いましょう。
豪華な佇まいのインテリアも、埃をかぶっているようでは魅力が半減です。
また、材質によっては汚れたままにしておくことで傷んでしまうものもあります。
日頃からこまめに掃除しておけば頑固な汚れはつきにくくなるので、大変な労力と時間をかけて大掃除する必要もなくなります。

ただセンスの良いインテリアを並べて清潔に保つだけでは、今一歩高級ホテルには届きません。
高級ホテルが宿泊客のために快適さを重要視しているように、快適に暮らせる部屋作りを目指しましょう。
生活感のない非日常的な空間が高級ホテルの魅力ではありますが、あまりにも生活感がなさすぎるのは考え物です。
全く生活感がない空間にいると、人はどうしてもリラックスすることができません。
自分が快適に過ごすために必要と考えられる最低限の生活感を残しておくのも一つの手です。
また、快適に過ごせるような工夫を取り入れるのも大切です。
例えば、日々の動線を意識してインテリアを配置することで、生活の中で無駄な動きを減らすことに繋がります。
実際に生活している中で感じる不便な部分に目を向けることで、快適に過ごすためのヒントを見つけることができます。
高級ホテル顔負けの快適さを手に入れられるように、色々と工夫してみましょう。

どのような点に気をつければ高級ホテルに近づくか分かったところで、実際にどんなアイテムがより高級ホテル感を演出してくれるのか見ていきましょう。
リゾートホテルなどで見かけるシーリングファンを取り付ければ、部屋の雰囲気が一気に変わります。
デザイン次第で部屋をリゾート風やスタイリッシュに仕上げることができます。
もちろん実用性もあります。エアコンから出た空気が部屋全体に行き渡るようになるので、部屋のどこにいても快適な温度で過ごせるようになります。
また、ホテルではお馴染みのダウンライト照明を取り入れることで、ぐっと部屋が高級ホテルのような雰囲気になります。
ダウンライト照明は明るくなり過ぎないので、光の刺激によって寝つきが悪くなるのを防ぐ効果もあります。
生活感をなくしたいのなら、テレビを壁掛けのタイプに変えるのも一つの手です。
このとき、コードがむき出しで垂れ下がっていると格好悪いので、コード対策は忘れずにしておきましょう。高級ホテル, インテリア

インテリアを揃えるだけでは最初のうちしか高級ホテルのような雰囲気は味わえません。
大切なのは、高級ホテルに似つかわしい清潔感と快適さをキープすることです。
壁や床の色、広さや明るさなど部屋全体を見て、あなたにピッタリな部屋のテーマを探しましょう。

自宅をラグジュアリーな高級感溢れるインテリアにすることで、毎日家に帰ってくるのが楽しみになり、モチベーションを保つことにも繋がります。
部屋をラグジュアリーなインテリアにするためには、どんなインテリアを用いてもいいというわけではありません。
贅沢な空間を演出するための、洗練されたインテリアを使用する必要があるのです。
ただし、高級な家具を使わなければいけないというわけではありません。
自分のイメージするインテリアのテーマに合わせた色や、素材の家具を選ぶことが大事になってきます。
更に、部屋が散らかっているなど、生活感を出しすぎてしまうと、ラグジュアリーなインテリアにしてもあまり高級感を演出することはできません。
そのため、自宅をラグジュアリーなインテリアにしたいのであれば、生活感を出しすぎないことがとても重要です。
かといって、モデルハウスのような全く生活感を感じられない部屋にしてしまうと、逆にくつろぎにくく、落ち着かない空間になってしまうこともあるため、注意が必要です。
適度な生活感を保つためには、定期的に掃除をし、テーマに合っていない物は目立たない場所に収納するなどといった工夫が必要です。

ラグジュアリーなインテリアにするためには、インテリアのテーマを決めることが効果的です。
いくら高級なインテリアを使っても、テーマがバラバラでは贅沢な空間を演出することはできず、逆に落ち着かない空間になってしまう可能性もあります。
テーマを決める際には適当に決めるのではなく、自分がどのような部屋にしたいか、その部屋でどのような雰囲気を楽しみたいかなどを、明確にしておくことが大切です。
また、一人暮らしの場合と、家族と一緒に住んでいる場合では、テーマの選び方も変わってきます。
自分一人であれば、好きなようにテーマを設定することができますが、家族がいる場合には家族がストレスなく暮らせる空間を作り出すことも大事になってきます。
テーマをアンティーク風やサロン風など具体的に決めて、そのテーマに合わせて色を統一することが大事です。
色を統一することで、シンプルで落ち着いた雰囲気を演出することができます。
ただし場合によっては、差し色として反対色のインテリアを置くことで、遊び心のある大人の空間を演出することもできます。
更に、色を統一するだけでなく、素材も同じものか、できるだけ似ているものを選ぶ必要もあります。
そうすることで、全体的にまとまりのあるインテリアにすることができます。
ただし、それぞれの素材によってメリットやデメリットがあります。
インテリアは消耗品ですので、使っていればメンテナンスが必要になる場合もあります。

ラグジュアリーな空間を作り出すためには、インテリアだけでなく、設定したテーマに合わせたアートや花、小物などを飾ることも重要です。
そうすることで、シンプルで高級感のある空間にアクセントを加えることができるため、より一層くつろげる空間を作り出すことができます。
アートを飾る際には、少し大きめのものを選ぶこともポイントです。
そうすることで、より落ち着いた大人の雰囲気を演出することができます。
また、生花を飾ると、洗練された空間を演出することができます。部屋を華やかな雰囲気にしたいという人にはとてもおすすめです。
ただし、リビングやキッチン、トイレなど、その空間に合わせた色味や雰囲気の花を飾ることが大事です。
それぞれの空間で、どのような雰囲気を楽しみたいのかをイメージしておくと、生花の色や大きさをスムーズに決めることができます。
生花だけでなく、観葉植物を置くことも、ラグジュアリーなインテリアにするためのポイントの1つです。
観葉植物を部屋におくことで、落ち着いた雰囲気を演出するだけでなく、リラックス効果や目の疲労回復効果もあるため、より一層帰るのが楽しみな部屋を作り出すことができます。
更に、湿度調整や空気清浄効果もあるため、部屋の空間だけでなく環境も整えてくれるインテリアともいえます。
観葉植物を部屋に置くときに注意するべきなのが、虫をできるだけ発生させないことです。
観葉植物には、殺虫効果があるものもあるため、そういった種類の植物を選ぶことも大事になってきます。
更に、テーマに合った置物を設置することも効果的です。
そうすることで、落ち着いた少し硬い雰囲気の空間にアクセントを加えることができます。
ただし、テーマに合った置物を置くことが大前提です。
テーマと異なった雰囲気を持つ置物を置いてしまった場合、自分がイメージするインテリアの雰囲気を壊してしまう可能性もあります。

ラグジュアリーなインテリアには、清潔感がとても重要です。
せっかくインテリアを高級感溢れるものにしても、そのまま放置してしまったり、物を散らかしたままにしたりしては、落ち着いた雰囲気を保つことはできません。
そのため、インテリアを定期的に掃除や手入れをすることがともて大事になってきます。
インテリアの素材によっては、サッと拭くだけで手入れが終わるものもあれば、手入れに手間と時間がかかるものもあるため注意が必要です。
手入れが必要なのは、家具だけではありません。花やアートなどの小物もしっかりと手入れをすることが大事です。
生花や観葉植物の場合、手入れをしないと最悪枯れてしまったり、萎れてしまったりすることもあります。
そうなってしまうと一気に部屋の雰囲気を落としてしまうことにも繋がりますので注意が必要です。
アートの場合には、額縁のほこりなどがとてもよく目立ちます。
そのためラグジュアリーなインテリアの状態を保ちたいのであれば、定期的に掃除することをおすすめします。
インテリアやアート、花などの手入れは、自分でできる場合もありますが、場合によっては専門の技術が必用になってくることもあります。
例えば家具が壊れてしまった場合には、自分で修理をすることは難しいこともあります。
そういった場合には、専門の業者に依頼してメンテナンスを行うことも、ラグジュアリーな空間を保つための方法の1つです。

自宅をラグジュアリーなインテリアにするためには、部屋をどのような雰囲気にしたいかというテーマをしっかりとイメージしておくことが大切です。
そうすることで、インテリアの色や素材、アートや花などの小物も選びやすくなります。
また、インテリアの素材によっても、メンテナンスにかかる予算や手間などが変わってきますので注意が必要です。
これらのことに気を付けて、自分の部屋にぴったりなインテリアを見つけましょう。