グランパセオ碑文谷/事故

竣 工 2021年10月
最寄駅 都立大学駅徒歩8分
総戸数 19戸

住 所 東京都目黒区碑文谷3-17-12
概 要 地上4階 RC造
駐車場 ―
■North棟/South棟
■フリーレント2ヶ月キャンペーン
■さらに賃料2ヶ月分を弊社がキャッシュバック
■フリーレント合計、実質4ヶ月キャンペーン

■物件名フリガナ
グランパセオヒモンヤ
GRAN PASEO 碑文谷

■近隣周辺施設情報
セブンイレブン目黒碑文谷3丁目店まで約400m
ローソン柿の木坂店まで約400m
オオゼキ碑文谷店まで約550m
まいばすけっと碑文谷1丁目まで約850m
イオンスタイル碑文谷まで約700m
碑文谷病院まで約450m
サイクルベースあさひ碑文谷店まで約110m
碑文谷警察署まで約550m
碑文谷八幡宮まで約350m
目黒区立すずめのお宿緑地公園まで約230m

物件名 グランパセオ碑文谷
所在地 東京都目黒区碑文谷3-17-12
最寄駅 東急東横線「都立大学駅」徒歩8分
物件特徴 REIT系ブランドマンション、デザイナーズ
構造規模 地上4階 RC造
総戸数 19戸 築年月 2021年10月

■駐車場   ―
■バイク置場 ―
■駐輪場   ―
―――――――
■設 計   ―
■施 工   ―
■管理形式  巡回管理
―――――――
■保 険   借家人賠償付き火災保険要加入
■ペット   不可
■楽 器   不可
■保証会社  利用必須
―――――――
■間取り
□2DK~2SLDK(40.16㎡~48.02㎡)

※駐車場・バイク置場・駐輪場の詳細はお問合せ下さい。
※カード決済希望時はスタッフにお問合せ下さい。

高級感のあるインテリアにするには、使用する家具の材質やブランド・部屋の色調などを工夫することが大切です。
まず第一に、家具の一つ一つが洗練されているものを選びます。
具体的にいうと、洗練されている家具とは、手が込んでいたり材質が良いものであったりすると良いかと思います。
また、こだわりのあるインテリアにするのもいいでしょう。空間の色調を意識するだけでも高級感が増します。
こだわるためには、最初に部屋のコンセプトなどを決めると家具を選びやすいです。
高級ブランドの家具にするのも、高級なインテリアにするポイントです。

高級なインテリアにするためには、高級な材質で出来ているものを選ぶのがポイントです。
例えば、「無垢材」は、切り出したままの原木を板状にカットしています。木材そのものであり、混在物などがありません。よって、高級な材質として重宝されています。
また、ソファなどは布製よりも革製のものだと、より高級感が出るでしょう。特に本革が望ましいです。
高級な材質である無垢材や本革は、定期的なメンテナンスが必要になります。
しかし、経年劣化による傷なども、材質の魅力を引き出してくれるものです。高級な材質ならアンティークとして経年劣化も楽しめるでしょう。
色調や材質などで、部屋の家具に統一感を出すのもポイントです。
例えば、高級感を出したい時には「黒・ゴールド・ダークな赤」などの彩度や明度が低いものにします。
壁紙などで高級感を出したい時は、白やクリーム色などにするといいでしょう。
壁紙を白にして、ダイニングテーブルやチェアー・ソファーなどを黒にすると、空間が引き締まって高級な雰囲気になります。
ゴールドを取り入れることでも、高級感のあるインテリアになるでしょう。
ダイニングテーブルやソファー・カーテンなどに、ゴールドの模様や刺繍を入れるだけでも構いません。ダークな赤色も高級感を出せる色です。
このように、高級感が出る色調で空間を統一すれば、高級なインテリアを作ることができます。
また、洗練されたインテリアの部屋を作るためには、空間のテーマを決めると良いでしょう。
まずは、「どのような空間で過ごしたいのか」を考えてみます。
その部屋に住む人が暮らしやすく、満足感の得られる空間にすることを目指しましょう。
そのためには「インテリアエレメント」とのバランスを考えたテーマ作りをすることも大切です。
インテリアエレメントとは、部屋の空間を構成する家具や内装・カーテン・照明など、それぞれの単体を指します。
つまり、部屋を構成するそれぞれのバランスが悪いと、高級感がなくなってしまうのです。
例えば、部屋の照明がシャンデリアで豪華だったとしても、その下にあるダイニングテーブルに高級感がないとバランスは悪くなってしまいます。
壁紙や家具がカジュアル過ぎても、バランスは悪いでしょう。
よって、テーマ作りをした後は、インテリアエレメントのバランスを考えて、工夫することが大切です。
それぞれ単体のデザインよりも、家具の統一性や配置などに気を付けるコーディネートを優先させると、全体的なバランスが良くなるでしょう。
家具の大きさのバランスも重要視します。
例えば、高級感のあるダイニングテーブルやベッドが、部屋の空間を占領してしまう場合、高級なインテリアとは言えません。
空間が窮屈になってしまい、高級感よりも圧迫感だけが目立ってしまいます。
よって、部屋には何もない空間を作ることも大切です。家具などの寸法や柄などを意識して、空間のバランスに気を付ければ、高級なインテリアにすることができます。

高級なインテリア家具などを取り扱うブランドとして、「カッシーナ」「フェンディ カーサ」「ドレクセル ヘリテイジ」「モリシゲ」などがあります。
「カッシーナ」は、イタリアの高級家具を扱うメーカーです。
デザイナーとコラボレーションしながら、デザイン性が高い家具を工業的に生産したことで、注目されました。
有名な作品として、世界で最も軽く指一本でも持てる「スーパーレジェーラ」という椅子があります。また、「プリヴェ」というソファは、建築デザイナーがデザインし、カッシーナ伝統の革加工技術と最新技術を取り入れて仕立てていることが特徴です。最高素材の革を使い、座り心地と芸術性が共存しています。
「フェンディ カーサ」は、有名ブランド「フェンディ」の家具ブランドです。
イタリアの家具ブランドで、1989年に立ち上げてからラグジュアリーな家具を製造しています。製造技法や素材はクラシックな伝統を重んじていますが、デザインのアイデアなどは現代的です。多くのデザイナーとコラボレーションし、革新と伝統の融合をしています。
「ドレクセル ヘリテイジ」では、「クラッチマホガニー材」という高級素材を使っていることが特徴です。
アメリカのブランドで、扱っている多くの商品が、クラシック家具と呼ばれています。高級素材の良さが引き立つ加工や彫刻を施しているブランドです。
「モリシゲ」は日本の家具メーカーで、「木との対話」をコンセプトに、素材の選定をしています。
素材は樺材を使用し、微調整を職人の手でしていることが特徴です。
また、木の耐久力と風合いを保つために、塗装技術にもこだわっています。「漆塗り」を用いて、和風の家具だけでなく洋風家具でも、塗る技術で評価されているブランドです。伝統とモダンの調和を大切にしています。

高級なインテリアにするためには、部屋に合ったものを選択することが大切です。
そのためには、部屋を選ぶことから始めましょう。
高級な家具を取り入れたとしても、部屋に合っていないと高級感を出すことはできません。
部屋の間取りや壁紙・床の色調なども、希望するインテリアに合うか確認してから決めることが必要です。
最も大切なことは、空間のゆとりです。特に海外製の高級家具はボリュームがあるものも多く、また設置する空間も広いことを想定されています。
部屋が狭いと、大きな家具に空間が占領されてバランスが悪くなってしまいます。
例えばゆったりとしたローソファセットを、僅かな隙間の中並べても本来の開放感は発揮されません。
部屋をどのようなイメージにしたいのかを考えてから物件を決め、それに合った家具にすることが大切です。

高級なインテリアにすることで、リラックスできる空間を作ることができます。
それぞれの趣味や好みに合った高級インテリアなら、日々の生活に刺激や充実感を与えてくれるでしょう。
そのような空間を作るためには、高級な家具などを有効に取り入れることが大切です。
部屋のテーマを決めてから、家具の材質やブランドを決めてみるといいでしょう。